丸幸ビル NGOまつり in Ueno 2010

「小さな一歩、大きなつながり ~上野から世界へ~」 2010年9月5日(日)、東上野の通称NGOビルに事務所を構える団体が集結し、世界を変えるお祭りを開催します!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

リレートーク【5】:なぜわたしは国産小麦のパンを食べるのか

トークリレー当日最後の枠は、日本国際ボランティアセンターです。時間帯はもう夕方ですので、いろいろまわったあとのシメとしていかがでしょうか。

 

時間帯 17:00~18:00
タイトル なぜわたしは国産小麦のパンを食べるのか
 ~一斤のパンから世界とのつながりを考える~
トーク logo_jvc  日本国際ボランティアセンター

  事務局長 清水 俊弘

プロフィール 80年代にアフリカの飢餓問題に関心を持ち、自分も何かできないものかと85年からボランティアとして参加。小学校教員等を経て1987年にスタッフに。90年まで、タイ・ カンボジア国境の難民キャンプでのプロジェクト調整員、その後JVC神奈川事務所代表を経て94年からJVCカンボジア代表として、カンボジア国内の復興支援活動に携る。97年に帰国後、東京本部総務として法人化等を推進するほか、東チモール、アフガニスタンにおける緊急対応担当を兼務。02年より現職。
内容

パンやうどんの原料である小麦。日本で使われている小麦の約85%は輸入です。主な輸入先はアメリカやカナダ。日本から何千キロも離れたところから運んでいます。その輸送には石油が必要、長距離長時間の間に虫が湧いたりしないように農薬も吹き付けられます(ポストハーベスト)。遠くから安いものを買うのか、高くても近いところで作られたものを買うのか。実はその判断が世界の平和や食の安全を考える上で重要です。一斤のパンから世界とのつながりを考えてみたいと思います。

 

山梨のご自宅では奥様が天然酵母のパン屋&カフェをやられている清水さんのお話では、身近な食べ物から世界とのつながりを考えることができそうです。ぜひお越しください。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。